天使のブログ

2012年2月 7日 17:10カテゴリ: 季節の野菜で健康に!

「天然のかぜ薬」野菜

皆様こんにちは。天使の木 濱本です。

 

乾燥しがちな寒い冬に流行するインフルエンザ・・・

 

皆様は大丈夫でしょうか?

 

 

以前紹介したビタミンCが豊富な「大根」や免疫力をUPする「椎茸」も

かぜ予防に効果的ですが、「天然のかぜ薬」と呼ばれる野菜があるんです。

 

 

かぜに効く野菜といえばだいたい想像がつきますが、さて何の野菜でしょうか?

 

 

ヒント1:通年出回っていますが旬は冬で、寒さに強く作りやすいため、

全国各地で生産されています。

 

ヒント2:古くから薬効成分のある野菜としてはもちろん、

魚や肉料理の臭い消しにも使われてきました。

 

ヒント3:のどに湿布すると痛みをとるなどの民間療法も多くあります。

 

 

かぜに効く野菜といえばコレですよね。

 

 

 

そうです「ねぎ」です。

 

 

関東では白い部分が多い根深ねぎ、関西では緑の多い葉ねぎが主に好まれてきましたが、

今では関西でも長ネギは冬の鍋には欠かせないですね。

 

今回は長ねぎをご紹介したいと思います。

 

 

なぜ長ねぎか・・・?

 

それは、ねぎの白い部分にはネギオールというすぐれた殺菌効果で

かぜ予防に効果的と考えられている成分が含まれているので、

根深ねぎの方がたくさん摂れるからです。

他にもビタミンCと血行をよくする香り成分が多いのが特徴です。

 

体を温め発汗を促す正に健康野菜!

疲労回復や食欲増進効果もあり、天然のかぜ薬の名にふさわしい働きが期待できます。

 

 

日に当たっている緑の部分には栄養素が多いので、葉ねぎの方が栄養価は高くなります。

 

根深ねぎは淡色野菜、葉ねぎは緑黄色野菜に分類され特徴も違いますが、

ビタミンCは両方に共通して多いので、かぜが流行る寒い時期にたっぷり食べて

かぜ予防をなさって下さい!

posted by 天使の木|2012/02/07 コメント(0) トラックバック(0) |カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tenshinoki.jp/mt/mt-tb.cgi/270

コメントする

プロフィール

天使の木
URL:http://tenshinoki.jp/
Eメール:info@tenshinoki.jp
大阪市西区北堀江にあるホットストーン&リラクゼーション「天使の木」
ページのTOPへ