天使のブログ

2017年1月27日 10:42カテゴリ: マタニティ

「妊娠中の足のむくみ解消に!〜すぐにできる簡単セルフケア〜」

 

みなさまこんにちは!
心斎橋・四ツ橋でキャンドルオイルを使ったマタニティアロママッサージを行っています「天使の木」の糸数です。
 
 
マタニティさんあるあるについて、その原因やおすすめの解消法、
お客様の体験談を交えながらご紹介していきたいと思います。
 
多くの妊婦さんが悩まされている足のむくみ。
その原因は前回のブログで書きましたが、
http://www.tenshinoki.jp/blog/2016/12/post-214.html
「むくみってどうすればなくなるの?」
「解消の仕方がわからない!」という方もいらっしゃると思います。
今回はすぐにできる足のむくみ解消のための簡単セルフケアをご紹介!
用意するものはフェイスタオル2枚。
タオル2本をこんな風に結ぶだけ。写真 
<足裏を刺激して滞った血流を改善!>
① 結び目を足裏の気持ち良いところにあてて、タオルをグ~っと引き寄せて心地よい強さで刺激 写真 
② タオルを交差して持ち、足首がくねくねとほぐれるようにやさしくゆらしほぐす 写真 
<膝裏の重要なリンパ節を刺激>
① 膝裏の気持ち良いところにも結び目をあて、タオルを短く持ち、真上や手前、左右に引いてひざ裏をほぐす。膝の裏には「膝窩(しっか)リンパ節」・・・第二の心臓と言われる重要なリンパ節があります。写真 
<脚をあげて足に溜まった水分や老廃物を循環させ巡り良く!>
① お尻を壁につけます。左足にタオルをかけて、壁面を利用して右足からゆっくりと持ち上げ、左足も壁に伝わせて持ち上げます。 写真    
② タオルを左足先にかかるように調整したら、息を吐きながら両手で引っ張る 写真 
<足の外側をのばす>
① 息を吐きながら右手でタオルを引っ張り、足の外側をのばす 
② 反対側も同様に。
<両足が終わったら仰向けになってリラックス>
呼吸を整えながら、動かした後の筋肉、血液の流れていく様子を感じながら
おなかの赤ちゃんと一緒に体をやすめてあげましょう♪
☆ポイント☆壁に脚を上げるときに、バスタオルやブランケットなどをお尻の下に敷くと体勢が楽になります。写真 
注意:おなかの張りが強くなってきたときは、楽な体勢で休んでください。
逆子や、妊娠初期のときは主治医に相談してから行いましょう。
ふくらはぎに結び目をあてて脚をのせてあげるだけでもほぐれて血流がよくなります。
タオルは体が硬い人やおなかが大きくなってからでも簡単に使えるスグレモノ!
ぜひセルフケアにご活用下さい♪

みなさまこんにちは!

心斎橋・四ツ橋でキャンドルオイルを使ったマタニティアロママッサージを行っています「天使の木」の糸数です。

 

マタニティさんあるあるについて、その原因やおすすめの解消法、

お客様の体験談を交えながらご紹介していきたいと思います。

 

 

多くの妊婦さんが悩まされている足のむくみ。

その原因は前回のブログで書きましたが、

 

「むくみってどうすればなくなるの?」

「解消の仕方がわからない!」という方もいらっしゃると思います。

 

今回はすぐにできる足のむくみ解消のための簡単セルフケアをご紹介!

 

用意するものはフェイスタオル2枚

タオル2本をこんな風に結ぶだけ。

 

 

 

足裏を刺激して滞った血流を改善!>

 

① 結び目を足裏の気持ち良いところにあてて、

タオルをグ~っと引き寄せて心地よい強さで刺激 

 

 

② タオルを交差して持ち、足首がくねくねとほぐれるように

やさしくゆらしほぐす 

 

 

膝裏の重要なリンパ節を刺激>


① 膝裏の気持ち良いところにも結び目をあて、

タオルを短く持ち、真上や手前、左右に引いてひざ裏をほぐす。

膝の裏には「膝窩(しっか)リンパ節」・・・第二の心臓と言われる重要なリンパ節があります。

 

 

 

脚をあげて足に溜まった水分や老廃物を循環させ巡り良く!

 

① お尻を壁につけます。左足にタオルをかけて、

壁面を利用して右足からゆっくりと持ち上げ、

左足も壁に伝わせて持ち上げます。

 

 

 

 

② タオルを左足先にかかるように調整したら、

息を吐きながら両手で引っ張る 

 

<足の外側をのばす>

 

① 息を吐きながら右手でタオルを引っ張り、

足の外側をのばす

 

② 反対側も同様に。

 

 

<両足が終わったら仰向けになってリラックス

 

呼吸を整えながら、動かした後の筋肉、血液の流れていく様子を感じながら

おなかの赤ちゃんと一緒に体をやすめてあげましょう♪   

 

 

 

☆ポイント☆

 壁に脚を上げるときに、バスタオルやブランケットなどをお尻の下に敷くと体勢が楽になります。

 

注意:おなかの張りが強くなってきたときは、楽な体勢で休んでください。

逆子や、妊娠初期のときは主治医に相談してから行いましょう。

 

 

 

ふくらはぎに結び目をあてて脚をのせてあげるだけでもほぐれて血流がよくなります。

 

タオルは体が硬い人やおなかが大きくなってからでも簡単に使えるスグレモノ!

 

ぜひセルフケアにご活用下さい♪

 

 

 

 

 

 

posted by 天使の木|2017/01/27 コメント(0) トラックバック(0) |カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tenshinoki.jp/mt/mt-tb.cgi/706

コメントする

プロフィール

天使の木
URL:http://tenshinoki.jp/
Eメール:info@tenshinoki.jp
大阪市西区北堀江にあるホットストーン&リラクゼーション「天使の木」
ページのTOPへ