天使のブログ

お客様とのことの最近のブログ記事

2015年4月15日 15:19カテゴリ: お客様とのこと

笑顔でさようなら

 

こんにちは。

心斎橋でホットストーンを使ったアロママッサージを

行っています「天使の木」の濱本です。

 

東京から大阪へ転勤してこられ、

 慣れない言葉や周囲の環境の変化に

心身共にとてもお疲れだったS様。



「天使の木に来ると、実家に戻ったかのように落ち着く」

と、3日もあけずにご来店くださるようになりました。

 



少しづつ、3日が1週間…2週間と間があいていき、

 

あぁ大阪に慣れてこられたのだなぁ、よかったと安心しました。

 

そんな時「天使の木があるから頑張れるんです」

 

とのお言葉を頂いたこと、

 

今でも私たちスタッフの宝物です。

 


そして、2年半の時を共に過ごした今年の3月に

突然のお別れがやってきました。

 


転勤で東京に戻られるとのこと。


 

最後のご来店日…

 
とっても嬉しい言葉をプレゼントしてくださいました。

 

「ここは、いつも私の心の寄りどころでした。

天使の木は私が電話すると、どのスタッフさんが出ても

〈あっ!S様ですね〉と言ってくれ、

入院した時もみんなが知っていて、心配してくれました。

スタッフの仲が良いからかもしれないけど、

 コミュニケーションがすごくとれてる。

こんなお店は他になかった。

東京にもない。

  東京に戻るのは嬉しいけど、ここに通えないのは寂しいです。

 東京にもお店出して下さい!」

 

 

 

お客様の心の寄りどころとして存在できたこと、

 スタッフの思いを受けとって頂けてたことが、

 とても嬉しく幸せです。

 



たくさんの言葉のプレゼントをくださったS様へ

 
大好きなミッフィの絵を描いて

スタッフみんなからS様へ

寄せ書きの言葉をプレゼント☆

 



「あ~!こういうの泣いちゃってヤバイから家に帰ってから読みます」

と、S様らしいコメント。

 

 

さみしいけれど最後までみんな笑顔!!

 


東京に支店が出せたらすぐにご連絡いたしますね!

 

 

と、再会をお約束して笑顔での「さようなら」。

 

 

 

 

 


ページのTOPへ ▲

2012年6月 6日 08:39カテゴリ: お客様とのこと

T様からの素敵な贈り物


こんにちは。天使の木の糸数&香月です♪

先日、T様から素敵なプレゼントをいただきました☆

 


っじゃん!!


IMG_3222.jpg




絵本「がたん ごとん がたん ごとん」 と図書カードです!! 





T様は、本に携わるお仕事をされていらっしゃいますから、いわば・・・


「本のプロ」 の方なのです!!


そんなT様がオススメ下さる 「がたん ごとん がたん ごとん」は
とても見やすい色。
シンプルだけど、生活に密着した子どもの興味心を引く内容なんです。





天使と休息の日に来てくれるお子様たちに・・・
そして、妊婦様とおなかの赤ちゃんのために・・・


と、プレゼントしてくださったのです。



ありがとうございます!!!

大切に使わせていただきます。

 

 

 

T様は本への思いをこんな風にもお話し下さいました。

 

 

「絵本をどう読んだらいいか、難しく考えないでください。

絵本を読むのは、早く字が読めるようにというような早期教育ではありません。

コミュニケーションツールのひとつとして使ったらよいのです。

赤ちゃんは自分のために自分の大好きな人が本を読んでくれるというのが嬉しいんです。

赤ちゃんが絵本を見なくても大丈夫。

お母さんの表情を見てるときもあります。

だっこしたり向かい合ったり色んな形で絵本を使ってください。

絵本を読む時間があることで、赤ちゃんにもお母さんにも大いに気分転換になると思います。

決まった時間でなくても大丈夫。気負わずにゆったりと赤ちゃんとのひとときを楽しんでください。」

 

 

と素敵なアドバイスも下さいました♪

 

 

お父さんが読まれる事もとても良いそうなんです!!

男の人が読んでくれることによって、子供たちはそれだけで、興味津々になるのだそうです。

お母さんしか絵本を読まれていなかった方も、ぜひぜひお父さんに読んでもらってください!

私も試してみたいと思います♪

 

 

T様、心のこもった贈り物をありがとうございます。

またオススメの絵本教えてくださいね☆

 

 

みなさまもぜひ 「がたん ごとん がたん ごとん」

読んでみてください♪

天使の木の絵本図書に仲間入りしてます!!

 

 

 

 

 

 

 

絵本をどう読んだらいいか、難しく考えないでください。絵本を読むのは、早く字が読めるようにというような早期教育ではありません。
コミュニケーションツールのひとつとして使ったらよいのです。
赤ちゃんは自分のために自分の大好きな人が本を読んでくれるというのが嬉しいんです。
赤ちゃんが絵本を見なくても大丈夫。お母さんの表情を見てるときもあります。
だっこしたり向かい合ったり色んな形で絵本を使ってください。
絵本を読む時間があることで、赤ちゃんにもお母さんにも大いに気分転換になると思います。
決まった時間でなくても大丈夫。気負わずにゆったりと赤ちゃんとのひとときを楽しんでください。

 

 

 

 

ページのTOPへ ▲

プロフィール

天使の木
URL:http://tenshinoki.jp/
Eメール:info@tenshinoki.jp
大阪市西区北堀江にあるホットストーン&リラクゼーション「天使の木」
ページのTOPへ