天使のブログ

2017年2月27日 20:05カテゴリ: 女子カラダ研究室

布ナプキン 初めの一歩!で、変わる自分を体験してみてください。

 

top_1week.jpg

 

こんにちは。セラピストの濱本です。

 

布ナプキン。

布ってどんな感じなの?

私は量が多いから不安…

洗濯はどうするの?

面倒くさくないかな…

と、迷われているお客様の声。

 

布ナプキンは初めの一歩がなかなか踏み出すのが難しいと、

考えていらっしゃる人が多いようです。

 

 

わかります!

私も同じでした。

 

 

私は布ナプキンを使い初めて3年程になります。

 

お客様の良いものなんだろうけど…と、迷う不安。

私もお客様とお話ししていると少しずつ初めて使う時の事を思い出してきます。

 

 

初めて使う時はどのタイミングで取り替えればいいのか、

洗濯が面倒くさくて続かないじゃないか、

私でも本当に生理がコントロールできるようになるのかな…などなど、

 

皆さんと同じ不安や悩みがたくさんありました。

 

 

そして3年たった今では…

 

生理痛がなくなってきました。

生理周期が整ってきました。

生理をコントロールできるようになりました。

 

初めの一歩さえ踏み出してみれば、布ナプキンは良いことしかなかった。

だからこそ、皆さんにお勧めしたい!!

 

 

初めてのこと、いつもと違う

ことをする。

 

ちょっとこわいけどいつも選ばないものをチョイスしてみる。

 

それが自分の可能性をひろげる一歩。

 

その一歩の先に何があるか、ぜひ体験してみてください。

ページのTOPへ ▲

2017年2月26日 20:52カテゴリ: マタニティ

「妊娠中の腰痛改善、予防に!~すぐにできる簡単セルフケア~」

 

みなさまこんにちは!


心斎橋・四ツ橋でキャンドルオイルを使った

マタニティアロママッサージを行っています「天使の木」の糸数です。



マタニティさんあるあるについて、その原因やおすすめの解消法、

お客様の体験談を交えながらご紹介していきたいと思います。


 

先日のブログで妊娠中の腰痛http://www.tenshinoki.jp/blog/2016/11/post-211.html
について書かせていただきましたが
痛いのをそのままにしていたり、無理を続けていたりすると、日常の何気ない動作に突然「ピキッッ!!」と激痛・・・。数日動けなくなることだってあります。
今回は、そんな腰痛でお悩みの方へのセルフケアをご紹介。

先日のブログで妊娠中の腰痛について書かせていただきましたが

痛いのをそのままにしていたり、

無理を続けていたりすると、



日常の何気ない動作に突然「ピキッッ!!」と激痛・・・。

数日動けなくなることだってあります。

 

 

 

今回は、そんな腰痛でお悩みの方へのセルフケアをご紹介。

 

 

 

今の状態を感じることからスタート~

仰向けで両膝を立てて寝て、体をリラックス。

そのまま全身の状態を感じます。 

頭、肩周り、背中、腰がどれだけ床に休んでいるか確かめます

 

 

背中や腰周りゆるめる

硬くなった筋肉をゆるめることで、緊張が取れてほぐれやすい状態に!
 
両ひざを持ち、背中や腰がほぐれるように左右に数回揺らす


勢いはつけずに、赤ちゃんがゆりかごに揺れているのをイメージします

 

お尻周りゆるめる
 

両膝をゆっくりと内回し、外回しに膝で小さな円を描くように各5回づつ回す


おなかを圧迫しないようにやさしく行います

 

 

ひざ倒し腰、骨盤周りほぐす

腰、骨盤周りの硬くなった筋肉がほぐれ、ゆがんだ骨盤を整える効果も。 

鼠径部、ワキ腹を通るリンパの流れも促進!全身の血流も良くなります

 

 ①両手を頭の後ろにあて、膝とかかとは閉じ、かかとをお尻につくように近づけます


息を吐きながら左側へひざをゆっくり倒し息を吐き切ります



③吸いながらひざを真ん中へもどし、反対側も同様にゆっくりと倒す

ひざを倒すときに、ひじが床から離れないようにします


×5回行います






手のひらは下にして、ひざは立てておきます


息を吐きながらゆっくりと左足を内側に倒し、息を吐き切ります

右足が倒れないようにします


息を吸いながら、ゆっくりと元に戻し真ん中でひと呼吸
 


右足も同様に行います


×5回行います

 

 

 

最後は仰向けで赤ちゃんとリラックス

 始める前の体の状態と終わったあとの体の状態

どれだけ床に休んでいるか確かめます


 おなかに手をあててあかちゃんの様子を感じながら、

「気持ちよかったね~♪」など赤ちゃんに声をかけてあげるのも良いですね♪

 

 

 

 

 

注意:おなかの張りが強くなってきたときは、楽な体勢で休んでください。

 逆子や、妊娠初期のときは主治医に相談してから行いましょう。

 

 

 

骨盤周りを整えておくことは、腰痛改善だけではなく出産に向けての体作りにもつながり

すから、ぜひ取り入れてみてくださいね


 

 

 

 

ページのTOPへ ▲

2017年1月27日 10:42カテゴリ: マタニティ

「妊娠中の足のむくみ解消に!〜すぐにできる簡単セルフケア〜」

 

みなさまこんにちは!
心斎橋・四ツ橋でキャンドルオイルを使ったマタニティアロママッサージを行っています「天使の木」の糸数です。
 
 
マタニティさんあるあるについて、その原因やおすすめの解消法、
お客様の体験談を交えながらご紹介していきたいと思います。
 
多くの妊婦さんが悩まされている足のむくみ。
その原因は前回のブログで書きましたが、
http://www.tenshinoki.jp/blog/2016/12/post-214.html
「むくみってどうすればなくなるの?」
「解消の仕方がわからない!」という方もいらっしゃると思います。
今回はすぐにできる足のむくみ解消のための簡単セルフケアをご紹介!
用意するものはフェイスタオル2枚。
タオル2本をこんな風に結ぶだけ。写真 
<足裏を刺激して滞った血流を改善!>
① 結び目を足裏の気持ち良いところにあてて、タオルをグ~っと引き寄せて心地よい強さで刺激 写真 
② タオルを交差して持ち、足首がくねくねとほぐれるようにやさしくゆらしほぐす 写真 
<膝裏の重要なリンパ節を刺激>
① 膝裏の気持ち良いところにも結び目をあて、タオルを短く持ち、真上や手前、左右に引いてひざ裏をほぐす。膝の裏には「膝窩(しっか)リンパ節」・・・第二の心臓と言われる重要なリンパ節があります。写真 
<脚をあげて足に溜まった水分や老廃物を循環させ巡り良く!>
① お尻を壁につけます。左足にタオルをかけて、壁面を利用して右足からゆっくりと持ち上げ、左足も壁に伝わせて持ち上げます。 写真    
② タオルを左足先にかかるように調整したら、息を吐きながら両手で引っ張る 写真 
<足の外側をのばす>
① 息を吐きながら右手でタオルを引っ張り、足の外側をのばす 
② 反対側も同様に。
<両足が終わったら仰向けになってリラックス>
呼吸を整えながら、動かした後の筋肉、血液の流れていく様子を感じながら
おなかの赤ちゃんと一緒に体をやすめてあげましょう♪
☆ポイント☆壁に脚を上げるときに、バスタオルやブランケットなどをお尻の下に敷くと体勢が楽になります。写真 
注意:おなかの張りが強くなってきたときは、楽な体勢で休んでください。
逆子や、妊娠初期のときは主治医に相談してから行いましょう。
ふくらはぎに結び目をあてて脚をのせてあげるだけでもほぐれて血流がよくなります。
タオルは体が硬い人やおなかが大きくなってからでも簡単に使えるスグレモノ!
ぜひセルフケアにご活用下さい♪

みなさまこんにちは!

心斎橋・四ツ橋でキャンドルオイルを使ったマタニティアロママッサージを行っています「天使の木」の糸数です。

 

マタニティさんあるあるについて、その原因やおすすめの解消法、

お客様の体験談を交えながらご紹介していきたいと思います。

 

 

多くの妊婦さんが悩まされている足のむくみ。

その原因は前回のブログで書きましたが、

 

「むくみってどうすればなくなるの?」

「解消の仕方がわからない!」という方もいらっしゃると思います。

 

今回はすぐにできる足のむくみ解消のための簡単セルフケアをご紹介!

 

用意するものはフェイスタオル2枚

タオル2本をこんな風に結ぶだけ。

 

 

 

足裏を刺激して滞った血流を改善!>

 

① 結び目を足裏の気持ち良いところにあてて、

タオルをグ~っと引き寄せて心地よい強さで刺激 

 

 

② タオルを交差して持ち、足首がくねくねとほぐれるように

やさしくゆらしほぐす 

 

 

膝裏の重要なリンパ節を刺激>


① 膝裏の気持ち良いところにも結び目をあて、

タオルを短く持ち、真上や手前、左右に引いてひざ裏をほぐす。

膝の裏には「膝窩(しっか)リンパ節」・・・第二の心臓と言われる重要なリンパ節があります。

 

 

 

脚をあげて足に溜まった水分や老廃物を循環させ巡り良く!

 

① お尻を壁につけます。左足にタオルをかけて、

壁面を利用して右足からゆっくりと持ち上げ、

左足も壁に伝わせて持ち上げます。

 

 

 

 

② タオルを左足先にかかるように調整したら、

息を吐きながら両手で引っ張る 

 

<足の外側をのばす>

 

① 息を吐きながら右手でタオルを引っ張り、

足の外側をのばす

 

② 反対側も同様に。

 

 

<両足が終わったら仰向けになってリラックス

 

呼吸を整えながら、動かした後の筋肉、血液の流れていく様子を感じながら

おなかの赤ちゃんと一緒に体をやすめてあげましょう♪   

 

 

 

☆ポイント☆

 壁に脚を上げるときに、バスタオルやブランケットなどをお尻の下に敷くと体勢が楽になります。

 

注意:おなかの張りが強くなってきたときは、楽な体勢で休んでください。

逆子や、妊娠初期のときは主治医に相談してから行いましょう。

 

 

 

ふくらはぎに結び目をあてて脚をのせてあげるだけでもほぐれて血流がよくなります。

 

タオルは体が硬い人やおなかが大きくなってからでも簡単に使えるスグレモノ!

 

ぜひセルフケアにご活用下さい♪

 

 

 

 

 

 

ページのTOPへ ▲

前の3件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
24時間WEB予約|空き状況を今すぐ確認

プロフィール

天使の木
URL:http://tenshinoki.jp/
Eメール:info@tenshinoki.jp
大阪市西区北堀江にあるホットストーン&リラクゼーション「天使の木」
ページのTOPへ